えっ…これって違法行為!?車を売る際にやってはいけない2つの注意

事故車だったら査定士に必ず事前に伝えておく

 

自動車の売却先が決まったので契約を交わそうと思うけれど注意する事ってある?

 


もっとも怖いのが瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)です。これは売買契約が成立した後、
買取金額が振り込まれた後で、査定では見つからなかった欠陥や違法行為が見つかったため、納金した一部を返却要求されることです。

 

出張して自動車査定した後、自社の修理工場で整備して販売するわけですが、この時に見つかるのが事故車やメーターの改ざんです。したがって出張査定が行われている時、
もし、事故車だったらはっきりと査定士に告げておきましょう。

 

ただ、事故といってもフレームを修正するような修理ならば告げる必要がありますが、バンパー交換や簡単な板金修理ならば走行に影響が出るわけではないので、あえて言う必要はありません。

 

違法行為とはメーターの改ざんです。もし、売却本人が意図して行ったとしたら犯罪行為となりますが、メーターパネルを交換した際に走行距離測定不能ということもあります。これも自動車査定の時にはっきりと告げておきましょう。

 

残念ながら、中古車で買った車がメーターを改ざんしていたとしたら売却本人には確認しようがありません。

 

瑕疵担保責任の一部を追うようなケースに発展することもあるので、中古車を購入する時は大手の安心できる中古車販売店で購入することをお勧めします。


えっ…これって違法行為!?車を売る際にやってはいけない2つの注意関連ページ

瑕疵担保責任って回避できるの? ※自動車買取査定の注意点
自動車をオンラインで一括査定できるサイトを紹介しています。これから車を売ろうと思っている方におススメ。他社と比較して高額で買い取ってもらう為にも、まずはネットで査定を出してみましょう。中古車買い取り査定をネットでできるカービューやガリバーなどを紹介しています。