メルセデスベンツCクラス 買取相場

メルセデスベンツCクラスの買取相場について

メルセデスベンツCクラスの買取相場を調べた結果、およそ…

 

 

0万円〜430万円前後でした。

 

あなたが買取り相場を知りたい理由は、自動車を少しでも高く売りたいからではないですか?


↓車を高く売りたい方におススメ↓

 

メルセデスベンツのCクラスの買取相場は最大で430万円前後です。

 

メルセデスベンツのCクラスはベンツブランドの中でもBクラスとEクラスの間のモデルで比較的スタンダードな位置づけといえるかもしれません。それでも常識的な新車価格よりも大幅に高い設定がなされています。

 

このCクラスにはセダン、ステーションワゴンなどの展開があり、排気量に関しては1795t、3496t、6208tの展開があります。後者の2つの展開に関しては500万円をはるかに上回る新車価格で6.3LエンジンのCクラスの場合は1000万円以上を超える価格を誇っています。

 

このクラスに関しては買取査定報告事例が少ないのか相場を知ることがすこし難しい面がありますが、400万円以上の買取査定が付くことも予想されます。
比較的一般に乗られているのは1.8Lエンジンの展開でしょう。このクラスは400万円前後から高くても600万円前後の価格なので当然市場に出回っている球数も多いはずです。

 

ベンツといえどそれだけで高額査定の対象となるのではなく、他の場合と同じように走行距離が大きな指標となります。5万km以上を超えてしまうと同じ年式でも買取査定が大きく変わってしまうこともありうるはずです。

 

概ね2005年以降で走行距離が5万km以下ならばおそらく100万円以上の査定は固いものと思われます。2010年以降で1.8Lエンジンの中でも500万円前後の上位グレードならば300万円という査定額を期待することもおかしくはなく、メルセデスベンツCクラスの買取査定相場は全体的に見ても高めであるということができます。

 

上述しましたが350万円という査定額はあくまで1.8L仕様のモデルに限定しているといっていいと思います。年式にも関係しますが、3.5L、6.3Lエンジンに関してはさらに高い査定額が出るものと考えて間違いはなさそうです。場合によっては500万円を上回る査定額がでてもなんらおかしくはありません。

 

■メルセデスベンツCクラスの紹介

 

メルセデスベンツCクラスの歴史は1993年にはじまりました。セダン、ステーションワゴン、クーペの展開がありセグメントはDに分類されます。最小回転半径も小さく北米などではスタンダードもしくは小さい部類に入るのではないかという車種でもあるので日本でも1.8Lエンジンモデルに関しては街中でよく見かける程度だと思います。

 

1.8Lエンジンは直列4気筒、3.5LエンジンはV型6気筒、6.3LエンジンはV型8気筒の仕様となっており、高級車として安全装備やインテリア、インパネ、オーディオ類に至るまで極めて高い上質感を造成しています。