タント 買取相場

ダイハツのタントの買取相場について

ダイハツのタントの買取相場を調べた結果、およそ…

 

 

0万円〜120万円前後でした。

 

あなたが買取り相場を知りたい理由は、自動車を少しでも高く売りたいからではないですか?


↓車を高く売りたい方におススメ↓

 

ダイハツのタントの買取相場は、10万円から120万円前後です。
スズキのワゴンRと並んで軽トール型ワゴンの中心的な存在で新車市場でも中古車市場でも高いニーズを誇っています。

 

タントの歴史は2003年の11月の発売をはじめとしています。年式による買取査定不可という事態は比較的に少ないと思います。
また軽自動車自体も需要が大きいため人気のタントの買取査定依頼に関して消極的になる必要はないと思います。

 

現行のタントであるLA600S/LA610S型は2013年からのモデルであるため買取相場的にも高額での査定が可能な機種でもあります。

 

走行距離や車両の状態、室内の使用感しだいでは100万円前後の買取査定が可能になってきます。

 

ただ実際に査定に出されるのは2003年から2007年までの初代タントと2007年から2013年までの2代目タントである場合が多いと思います。

 

こちらの場合は、高い可能性で2代目モデルの後期モデルであれば現行モデルに近い査定額を期待できます。
逆に2003年、2004年ごろの年式であれば走行距離がとても少ないという条件がなければ
10万円から20万円程度の査定額になってしまうでしょう。

 

タントに関しては大体平均して50万円から70万円の査定額とみるのが良いと思います。

 

■タントの紹介

 

タントは軽自動車の雄、ダイハツ工業が販売する軽トールワゴンです。

 

初登場時には、FF車と4WD車が展開されました。

 

現行機種に関しては直列3気筒の660cc、もしくはターボ付の同エンジンとCVTの組み合わせです。

 

デザインは、比較的アグレッシブな様相と評価されることが多く現行タントに関してもさらに特徴的なものとなっています。

 

2013年には、グッドデザイン賞金賞を獲得しておりタントのブランディングは近年確固たるものになりつつあります。

 

デザインだけにとどまらず基本性能の面でも優れ、室内空間の拡張、
スライドドアの利便性向上などトールワゴンとしてのユーティリティーを押し上げるとともにエンジンの効率化、
低燃費化によって「平成27年度燃費基準+20%」も達成しています。

 

まだグレードによってはダイハツの衝突回避システムであるスマートアシストも搭載されており、
あらゆる意味で先進的であり今日のトレンドを集約させたような軽自動車となっています。

 

このようにデザイン、性能、室内空間、居住性などさまざまな観点からみてもタントは
ニーズの高い軽トールワゴンの中心的な存在の自動車でもあります。

 

女性や子育て中の夫婦など幅広い層に向けてアクティブに安全にドライビングを楽しむことのできる魅力の1台となっています。