フィアット500 買取相場

フィアット500の買取相場について

フィアット500の買取相場を調べた結果、およそ…

 

 

0万円〜50万円前後でした。

 

あなたが買取り相場を知りたい理由は、自動車を少しでも高く売りたいからではないですか?


↓車を高く売りたい方におススメ↓

 

フィアットのフィアット500(チンクエチェント)の買取相場は、0万円から50万円前後です。

 

フィアット500の歴史は長く古くは1936年から初代モデルが存在していますが、ここでは主に2007年から販売されている3代目フィアットのことの買取相場になります。

 

フィアット500のグレードに関しては、多少ばらつきがあり2014年発売の875ccのツインエアスーパーポップ2に関しては
199万円、1.2スーパーポップ2に関しては179万円と手ごろな価格ですが、
2009年の特別限定販売のバイディーゼルに関しては274万円というプライスが確認できます。

 

フィアット500を買取査定に出す際には、走行距離や年式を確認しておくのと同時に
グレードやモデルを今一度確認しておきたいものです。

 

グレードと高年式、低走行という要素がそろえば100万円以上の高額査定が獲得できることもあります。

 

また限定販売モデルが多く「クラシカ」に関しては限定台数50台で「クレミーノ」は限定100台、
フィオーレ・ローザ」は限定150台と中古車市場に流通する絶対数も少ないため
買取査定での値崩れというものも心配しにくいといっていいでしょう。

 

 

■フィアットの紹介
フィアット500は、イタリアの自動車メーカー・フィアットが1936年に2人乗りの小型車として発表されたことに起源をたどることができます。

 

小型車ながら高度なメカニズムを織り込んだヒット商品になり
イタリア本国で受け入れられ国民的大衆車の地位にまで押し上げました。

 

現在、販売されているフィアット500は3代目となり2007年に
提携しているフォードととも開発し、デザインやエンジンも刷新しました。

 

ガソリン車に関しては直列2気筒の0.9Lエンジン、直列4気筒の1,2L、1.4Lエンジンを
ラインナップ直列4気筒の1.3Lのディーゼルエンジンも同時に用意されました。

 

小型化や軽量化、高い燃費効果を追及し直列2気筒エンジンを採用したことは非常に画期的だったと思います。

 

エンジンの構造をダウンサイジングしても高出力のパワートレインを維持しているのは必見です。

 

5速MTと5速ATの2つの展開をもったFF方式の駆動方式でサスペンションは
前輪にマクファーソンストラット、後輪にトーションビームを採用しています。

 

エクステリアに関しては、クラシカルな外観イメージを残しながら、
全体的な輪郭は空気抵抗を考慮した現代的な丸みのあるボディでまさにコンパクトカーとしての佇まいに収まっています。