スカイライン 買取相場

日産のスカイラインの買取相場について

日産のスカイラインの買取相場を調べた結果、およそ…

 

 

0万円〜280万円前後でした。

 

あなたが買取り相場を知りたい理由は、自動車を少しでも高く売りたいからではないですか?


↓車を高く売りたい方におススメ↓

 

日産のスカイラインの買取相場は、上限で280万円前後です。

 

現状で13代目となるV37型、2006年から販売された12代目のV36型などは高額査定の対象となるでしょう。

 

新車価格自体は最低グレードでも300万円弱、3.5L仕様のハイグレードモデルに関しては400万円代はおろか500万円を超すこともある日産のスカイラインは年式の新しいものに関しては、必然的に高価買取の対象になります。

 

しかし11代目となる2001年から2006年まで展開されたV35型まで遡ると現状では50万円以下の査定額が妥当なラインになってしまいます。ところで日産のスカイラインの買取査定に関しては注意しておきたいことがあります。

 

日産のスカイラインは歴史が長く初代は1953年まで遡らなければなりません。そこから1960年代、1970年代、1980年代、1990年代と日本の自動車史上を彩ってきたのがスカイラインです。

 

通常ならば1990年代以前は買取の対象になりにくかったのですが、スカイラインの1970年モデルに数十万の査定がついたという報告もあります。希少性やプレミアムという観点からスカイラインの古い型式を良い状態で保持しているという方は買取査定に出してみる価値はあるといえます。

 

■スカイラインの紹介

 

日産のスカイラインは日産自動車が製造販売している高級セダンです。歴史は長く1950年代より販売されている伝統あるセダンといっていいでしょう。現在ではスカイラインは全車にV型6気筒エンジンを積み、サスペンションにもダブルウィッシュボーンよりも上位にあるといわれているマルチリンクを4輪に搭載させています。

 

主に2.5Lと3.5Lのタイプが展開されており、クラス最高峰の走りをパフォーマンスしていることが特徴的です。また最近ではハイブリッドモデルもライナップに加え、高い動力性能と燃費効率を同時に実現しているところも非常に大きなアピールポイントとなっています。

 

クラス最高峰の存在感は伊達ではなくエンジン、燃費、ボディ剛性だけでなくそれ以外の装備にも充実した作りこみがなされています。特にランフラットタイヤといわれる何かの拍子にタイヤの空気が抜けてしまったときもある程度自動車を走行させる機能を持ったタイヤが標準装備されているという仕様も心憎いほどの技術力が感じられます。

 

そのほかの安全装置や先進技術も見逃せないものがありますが、スカイラインはそうした長い年月をかけて熟成されたブランドに内実も充実した高付加価値が搭載されることによって現在もなお進化しつづけている自動車といっていいでしょう。

 

スカイラインの買取相場はいくら?関連ページ

セレナの買取相場はいくら?
日産セレナの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
ノートの買取相場はいくら?
日産ノートの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
シーマの買取相場はいくら?
日産シーマの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。