インプレッサ 買取相場

スバルのインプレッサの買取相場について

スバルのインプレッサの買取相場を調べた結果、およそ…

 

 

0万円〜350万円前後でした。

 

あなたが買取り相場を知りたい理由は、自動車を少しでも高く売りたいからではないですか?


↓車を高く売りたい方におススメ↓

 

スバルインプレッサハッチバックは主にXV、スポーツ、WRXのことを指します。
スバルのインプレッサハッチバックの買取相場は上限は350万円前後が予想されます。

 

インプレッサの歴史は長く最初の登場は1992年まで遡ることができます。
年式に関しては2000年以前にまで遡るので買取査定に出す際は注意が必要です。

 

ハッチバックスタイルのインプレッサは初代モデルから存在していました。
現状で買取の査定対象になりそうなのは、2代目の中期モデル以降のものでしょう。

 

2005年モデルを考えて見ますと10万km前後の走行距離を走っていても10万円から20万円の買取査定額がつく可能性もあります。
2代目モデルであっても走行距離によっては50万円程度の査定がつく可能性もあり、
それ以降の2007年から2011年に販売された3代目インプレッサも現状で高額な査定額が期待できます。

 

2011年に販売されたセダン仕様のWRX STItSやS206、S206 NBR CHALLENGER PACKAGEなどシリーズの中でも
きわめて高額なモデルもある一方でハッチバックスタイルのインプレッサに関しては、
新車時の価格設定として170万円前後から高くても370万円前後のモデルが大半なので
インプレッサ全体の中で考えても高い買取査定は全体的にセダンモデルよりも平均値が低いと言っていいでしょう。

 

ただし例外的に2010年1月発売モデルのハッチバック仕様のR205に関しては新車価格が473万円に設定されていて、
こちらのモデルで買取査定を考えている人は高額査定の可能性が高いと言えます。

 

R205は現状の中古車相場の中でも安くても300万円前後、高ければ400万円近い相場で取引されています。

 

こちらのモデルは限定400台のコンプリートモデルで絶対的な価値も希少性も高く
たとえ10万km近く走っていても十分高い査定額が期待できます。

 

 

■インプレッサの紹介
スバルインプレッサは国内外のCセグメント市場を狙った戦略的モデルです。

 

初登場は1992年と古くまた派生車種も多いためスバルの中でもラインナップや価格展開に関してもバラエティに富んだ自動車といえるでしょう。

 

XVは形式的にはクロスオーバーSUVで、初代は2010年より発売されました。
水平対向4気筒1.5Lエンジンと2.0Lエンジンの2タイプでサスペンションはフロントにストラット、
リアにダブルウィッシュボーンで構成されています。

 

2代目に関しては2.0Lのみの展開で駆動方式もAWDのみの展開になり、
初代モデルは欧州のみに展開されましたが北米に向けても販売されました。

 

世界ラリー選手権に参戦したモデルにWRXの名が与えられ、セダンモデルとハッチバックモデルに袂を分かっています。

 

インプレッサの買取相場はいくら?関連ページ

エクシーガの買取相場はいくら?
スバルのエクシーガの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
レガシィB4の買取相場はいくら?
スバルレガシィB4の中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
レガシィのツーリングワゴンの買取相場はいくら?
スバル・レガシィのツーリングワゴンの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。