ワゴンR 買取相場

スズキのワゴンRの買取相場について

スズキのワゴンRの買取相場を調べた結果、およそ…

 

 

0万円〜100万円前後でした。

 

あなたが買取り相場を知りたい理由は、自動車を少しでも高く売りたいからではないですか?


↓車を高く売りたい方におススメ↓

 

スズキのワゴンRの買取相場は、だいたい100万円が前後が限度額でしょう。

 

ワゴンRは現在5代目となり、現状で価格がつくのは2003年から2008年までに発売された3代目までと考えるべきでしょう。

 

走行距離にもよりますが、2代目の前期では10万円から20万円、後期モデルでは30万円から40万円の間でしょう。

 

また2008年から2012年までの4代目ワゴンRに関しては50万円以上から70万円程度が予想されます。

 

2012年からは現行モデルであり、現行モデルに関しては文句なしで80万円以上から100万円前後の査定額が出されると思います。

 

ワゴンRはトールワゴンの軽自動車全体の中でも中核的な存在で、販売台数も軽自動車だけでなく自動車販売台数全体を見ても大きなシェアを占めているので、
市場に出ている数もそれなりに多く、希少性という点ではあまり価値は高くありません。

 

しかし軽自動車自体は、低燃費、低維持費という絶大なメリットがあるので中古車販売額、
買取査定額が著しく落ち込むことはないと考えられます。

 

ワゴンRはその意味で常に高いニーズをもっているので買取査定額も不当に下げられるということはないはずです。

 

■ワゴンRの紹介

 

ワゴンRの歴史は、1993年にはじまり4度のモデルチェンジを経ており、現在のMH23S形は第5世代のモデルになります。

 

トールワゴンの草分け的存在で軽自動車の概念を打ち破った革新的モデルとなりました。

 

トールワゴンの名のとおり、室内空間の拡張を目的として車高を高めることで軽自動車の新しい道を開拓しました。

 

サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式コイルスプリング、
リアにアイソレーテッドトレーリングコイルスプリングを使用しています。

 

現行の5代目MH34型には、軽自動車としての存在意義をさらに発展すべくエネチャージと呼ばれる減速時の発電エネルギーを利用し、
バッテリーに蓄積された電力をオーディオやエアコンなどの動力源とすることでガソリンの使用量を抑制するものです。

 

このエネチャージをはじめとする試みはスズキの次世代環境技術「スズキグリーンテクノロジー」が打ち出したものです。

 

また軽量化の取り組みも圧倒的シェアの実績を下支えしています。

 

車両重量は780kgを記録するものもラインナップされており、
低燃費、環境、軽量化のどの要素をとってもワゴンRに死角はありません。

 

今後もワゴンRは実用性や低燃費、低維持費などさまざまな要因から軽トールワゴンの中心的な存在として活躍することが予想されます。

 

ワゴンRの買取相場はいくら?関連ページ

ハスラーの買取相場はいくら?
スズキのハスラーの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。