ステップワゴン 買取相場

ステップワゴンの買取相場について

ステップワゴンの買取相場を調べた結果、およそ…

 

 

0万円〜220万円前後でした。

 

あなたが買取り相場を知りたい理由は、自動車を少しでも高く売りたいからではないですか?


↓車を高く売りたい方におススメ↓

 

ホンダのステップワゴンの買取相場は最大220万円です。

 

ステップワゴンは1996年より販売されているモデルなので年式によってばらつきがあります。2009年以降の4代目モデルに関しては少なくとも100万円の査定額は可能であるといえます。

 

4代目に関しては「ECONモード」と言われるエンジン、ミッション、エアコン類を連携して制御することで燃費の向上を図ることのできる先進技術も織り込まれていたり、安全装備やその他の快適装備も非常に時代の先端を行くものになっているため買取査定に関しては不安になる必要はそれほどないと思われます。

 

また2005年から2009年まで販売された前モデルである3代目に関しては比較的新しい年式と言え旧モデルながら走行距離によっては数十万円から100万円の査定額が予想されます。ただしそれ以前のモデルになるとおそらく10万円以下、もしくは査定がつかないという事態も考えられますから買取査定の基準としては現行の4代目とその前の3代目モデルまでを考えたほうが無難です。

 

ステップワゴンの新車価格としては200万円弱から300万円台中盤ですから全体の買取査定額としては非常に高い値段を維持しているといっていいでしょう。やはりミニバンブームの中心的なトレンドに属しているし、ステップワゴンのブランディングも確固たるもになっていると考えられます。

 

■ステップワゴンの紹介

 

ステップワゴンはホンダが提供する大型ミニバンの主力商品です。
現行の4代目は直列4気筒の2.0Lエンジンを採用しており、5速ATもしくはCVTの組み合わせで駆動します。また3代目以前は2.4Lエンジンのラインナップがありました。

 

ホンダ独自のアプローチとして低重心、低床化にすることで室内空間の拡張、全高の削減、スムーズな乗降を実現しました。大型のハイルーフミニバンにとって大切なのは広い室内空間が作り出す快適な居住性です。ただしそのことによって走行性能と燃費効果に少なからずデメリットを与えることが課題の一つでした。

 

低重心・低床化のプラットフォームはそういったデメリットを縮小することができます。エンジンルームを縮小しながら低重心・低床化にすることによって室内空間を確保しつつ全高を抑えられれば当然、自動車自体の背が低くなり空気抵抗を受けにくくなります。

 

まさに物理的に走行性能を上げ、燃費効果を上げよりクリアな魅力のミニバンになることができました。これからもさらに改善・改良されてくるミニバンは今後も日本の自動車市場の中心でありつづけるはずです。

ステップワゴンの買取相場はいくら?関連ページ

フィットの買取相場はいくら?
ホンダ・フィットの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
オデッセイの買取相場はいくら?
ホンダ・オデッセイの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
インサイトの買取相場はいくら?
ホンダ・インサイトの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
N-BOXの買取相場について
ホンダ・N-BOXの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
フリードの買取相場について
ホンダ・フリードの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
インテグラの買取相場はいくら?
ホンダのインテグラの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
ストリームの買取相場はいくら?
ホンダ・ストリームの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。