オデッセイ 買取相場

ホンダのオデッセイの買取相場について

ホンダのフィットの買取相場を調べた結果、およそ…

 

 

0万円〜270万円前後でした。

 

あなたが買取り相場を知りたい理由は、自動車を少しでも高く売りたいからではないですか?


↓車を高く売りたい方におススメ↓

 

ホンダのオデッセイの買取相場は上限270万円前後です。

 

ホンダのミニバン型乗用車であるオデッセイは現在5代目を数える歴史を持っており買取査定の対象となるのは5代目、4代目、そして3代目の中期モデルまでと考えられます。

 

年式で言うと2005年がひとつの目安になり、その前後のモデルに関しては走行過多など
デメリットが多いと査定の対象にならない場合があります。

 

2013年にモデルチェンジして発表された5代目オデッセイに関しては当然、高額査定の対象となります。

 

2008年から2013年までに販売された4代目オデッセイに関して潜在買取市場が暖まってきているころだと思います。

 

2008年の前期モデルに関しても走行距離が10万km近い場合でも80万円前後の査定額が期待できるのではないかと思われます。

 

オデッセイ自体のグレード展開としては標準グレードから上級グレードまでの金額の開きは250万円前後から350万円、
場合によっては400万円を超えるグレードもあるので自然と買取査定金額も高いものとなってきます。
4代目に関しては走行距離が少ない優良物件に関しては120万円から250万円程度のきわめて高額な査定が期待できます。

 

 

■オデッセイの紹介
オデッセイはホンダのミニバン型の乗用車でホンダの主力商品の一角を担っています。

 

現在の5代目に関しては次世代環境技術を取り入れたK24W型エンジンが採用され2.4L、直列4気筒のDOHC
i-VTECのみの展開となっています。

 

サスペンションに関してはそれまでの伝統であった前後ともにダブルウィッシュボーンの仕様からフロントに
マクファーソンストラット、そしてリアはFF車で車軸式、4WD仕様にはド・ディオンアクスル式に分かれています。
これは超低床プラットフォームを刷新した設計上の都合も影響したものと思われます。

 

装備面も充実しており、シティブレーキアクティブシステムに関してはレーザーレーダーを活用し
前方車両や障害物の位置を検知し衝突の回避を自動ブレーキでアシストしてくれます。

 

また横すべり防止装置としてVSAやハンドル操作をアシストするEPS機能なども搭載され、
CVTの弱点である坂道停止時の対応策としてヒルスタートアシスト機能も加わり、安心感も格段に充実しています。

 

ミニバン全盛の現在にとって、低重心、低床プラットフォームがもたらす走行性能に軸足を置いたミニバンと言っていいでしょう。

 

走り本来の楽しみと同時に広く快適な室内空間が生み出す居住性のいいとこ取りをした絶妙なバランスの自動車です。

 

オデッセイの買取相場はいくら?関連ページ

フィットの買取相場はいくら?
ホンダ・フィットの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
インサイトの買取相場はいくら?
ホンダ・インサイトの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
N-BOXの買取相場について
ホンダ・N-BOXの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
フリードの買取相場について
ホンダ・フリードの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
インテグラの買取相場はいくら?
ホンダのインテグラの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
ステップワゴンの買取相場はいくら?
ホンダのステップワゴンの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。
ストリームの買取相場はいくら?
ホンダ・ストリームの中古車の買取相場を紹介しています。年式、走行距離、純正部品の有無、グレード、キズ、へこみ、など車の状態から判断される買取相場はいくらなのか?いついて。